三重県津市 聖徳太子ゆかりのお寺
曹洞宗塔世山 四天王寺
  • お寺の由来
  • 寺宝・文化財
  • 禅のこころ
  • 西国薬師霊場
  • 禅体験
  • ペット供養
  • 坐禅会情報
  • 写経のつどい
  • 地図・周辺の見所
癒しのページ 薬師如来奉賛会会報
寺宝文化財
聖徳太子像(重要文化財)
鎌倉時代 絹本着色 112×39.5

太子16才の像。父用明天皇の病気平癒を願う様を描いたもので、いわゆる太子考養像と呼ばれています。
若々しい表情の中にも太子の強い意志が如実に表現されています。



薬師如来像(重要文化財)
像高65cm 一木割矧造 彫眼 漆箔

檜の一木造りで、承保4年(1077)に仏師定朝により造られたものです。
また、像胎内には、当時の寺領を記した文書や、像を造る費用の寄進者名を書いた紙片や扇、櫛、鏡、など25点が納められていました。なお、これら納入品は江戸時代に取り出されて、現在は別に保存されています。

唐草双鳳鏡 1面

櫛 3枚

扇骨 5橋

縫針 7本

タカラカイ・牙賽子
各2個
 

山門(市の有形文化財)
江戸時代 幅3.8 奥行き3.1

山門全体に、使われている木が太く、高さもあり、均整のとれた美しい姿を残しています。
現在の形に再建されたのは、寛永18年(1646)、村城二代目藩主高次の時代。寺内では往時を偲ぶ数少ない建物となっています。

花屋寿栄禅尼 織田信長生母の墓

津に織田信長の母親、花屋寿栄禅尼の墓があるのは不思議に思えますが、最初に津城を築いたのは、信長の弟、信包(のぶかね)で、天正8年(1580)にはほぼ城は完成しました。
本能寺の変のあと、彼女は信包をたよって津に移り、この地で亡くなりここに葬られました。

芭蕉翁文塚

元文2年に津の俳人菊池二日坊が翁を偲んで建てたもので、塚の形態をとった県下で一番古いもの。裏には芭蕉の略歴と由来が記されています。

藤堂高虎、同夫人像(重要文化財)
江戸時代 絹本着色



藤堂高虎(1562-1630)は始め豊臣氏の家臣となり、文禄・慶長の役には水軍の将として功を立て、のち徳川氏に仕え、その信任を得ました。
また、公は非凡な戦国武将で、日本一の名築城家としてその名を轟かせ、この地では、津城、上野城を改修しました。
図には威風あたりを払う公の風貌がよく表されています。
夫人は久芳院といい、一色修理太夫の娘でした。元和2年(1616)、津城で急逝し歴代城主の参勤交代の無事を見守るように当山墓地中段に葬られました。
着ている打ち掛けには桃山時代好みの葡萄や柳に桜などの華やかな模様が描かれています。
交通アクセス お問い合わせ
津インターより車にて10分/津駅より徒歩10分
〒514-0004 三重県津市栄町1丁目892
TEL 059-228-6797(代)  FAX 059-229-1115
Copyright(C) SHITENNOJI, All rights reserved.